美容の敵紫外線と乾燥肌を防ぐ方法教えます | 紫外線の害を防ぐために日焼け止めが重要になってきます

サイトマップ

花の冠

乾燥肌を防ぐ洗顔方法

綺麗な髪の女性

間違った洗顔方法で乾燥肌を招いてしまいます。
肌の潤いを維持しているのは、細胞間脂質が80%、天然保湿因子が12%、皮脂が2%です。洗顔をすると余分な皮脂だけでなく、潤いを保つ細胞間脂質や天然保湿因子までも洗い流してしまいます。汚れが残っていると汚れが酸化して肌にダメージを与えたり、毛穴つまりを起こしてニキビの原因になりますが、洗顔には乾燥肌を招くリスクがつきものです。乾燥を防ぐ正しい洗顔方法とは、どのようなものでしょう。
洗顔料には脂汚れを落とすために界面活性剤が使用されています。界面活性剤はバリア機能を壊して乾燥を進行させます。できるだけ肌に優しい合成界面活性剤を使用していない洗顔料を選びましょう。
おすすめは固形石鹸です。固形石鹸にも界面活性剤が含まれていますが天然のものなので、肌ののダメージが小さいです。
洗顔で洗い流された細胞間脂質や天然保湿因子は、健康な肌なら寝ている間に回復します。しかし、朝に洗顔をするとせっかく回復した保湿成分が洗い流されてしまいます。乾燥がひどい時は、朝の洗顔はぬるま湯で行いましょう。
夜の洗顔はTゾーンなど皮脂が気になるところにだけ洗顔料で洗い、頬など乾燥しやすい部分は泡をのせるだけにします。
正しい洗顔方法を実行すれば、潤いが保たれて乾燥しにくい肌になります。

Recommended Article

Copyright © 2017 美容の敵紫外線と乾燥肌を防ぐ方法教えます | 紫外線の害を防ぐために日焼け止めが重要になってきます All Rights Reserved.